LifeHacks


画像:いやああああああああーーーーー!

ちょっとスマホで場所を調べていて、何気なくGoogle ストリートビューを見てみたら…

自宅の前も、ストリートビューで見られているではありませんか!?

一応、個人を特定できる情報は、ぼかしが入っているようです。

が!!!

我が家だけ思いっきり、「表札」が写っているではありませんか!!!
しかも、くっきりはっきり!!!

これはヤバい!

ということで、Googleマップのストリートビューで削除依頼をしてみました。

ストリートビューで問題の場所を見つける


画像:Google マップのストリートビューで「問題の報告」をクリック

Google マップで、右下端にある「黄色い人」を青色に表示された場所に置くと、画面がストリートビューになります。おお、すごい!

知らない間に、いろんなところがストリートビューになっています。自宅付近をストリートビューにして、個人情報などヤバい情報が撮影されているのを確認したら、削除依頼をする為に画面の下にある「問題の報告」をクリックしましょう。

自宅の削除を依頼


削除依頼のフォームが現れます。申請は簡単なので、さくっと行きます!

・画像のぼかして貰いたいオブジェクトがある部分を、赤い四角形をドラッグして調整
・ぼかしのリクエスト、我が家の場合は「表札」だったので、「表札」をクリック
・問題の詳細には、「くっきりと個人情報が分かりすぎで、大変困る!」など自分が問題と思うことについて入力
・メールアドレスを入力
・「私はロボってでありません」にチェックを入れる(スパム対策)
・送信ボタンを押す

送信ボタンを押すと、内容確認メールが送信されるので、メールボックスを確認しましょう。

ちなみに、ぼかし・削除申請して、Googleで確認・作業が完了したら、入力したメールアドレス宛に連絡が来ます。

ちなみに、3日後にGoogleから「できたよ!」とメールが来たので、確認したらきちんとぼけていました。

というわけで、気がつかないうちに、Googleストリートビューは、いろんなところを浸食しているようです。

特に、観光地在住の皆さん!申請は簡単ですので、どんどん問題を報告して個人情報を世界に晒されないようにしましょう!


管理人

たそがれゆきるん

ゆきるん

ゆきるん企画 ・ 子連れトラベラー、Web制作、IT講師

京都の町家で、長期滞在しながらまったり過ごしています。

  • instagram

LifeHacks

Pickups!

コンテンツに戻る