美容と健康

半年で-5kg減量し、体型まで変えてしまった私の方法



最近、体が重い。しかも、腰痛に首痛がでて、これがかなりきつい。

カイロプラティックに通っていたころは、調子よかったのだけれど、希望の時間に予約が入りづらいことと、なんやかんやとお金がかかるのと、他力本願なのが嫌になってきて、1年で中断してしまった。

なので、自力で健康になれる方法…と、独身の頃、ダイエットに成功したどころか、むちゃナイスバディになった成功体験を思い出した。

実は、東京に住んでいた独身時代、結婚する1年もたたない前に、スポーツジムに通っていたのですよ。半年だけですが…

ちょうど転職して正社員になり収入は上がったものの、仕事が物足りなくてストレスを、買い食いで発散させていた私。体重が、妊娠7ヶ月ごろまでに増えていました。すごいよ、デブすぎ。

これじゃあ、やばい!何とかしなくては…と思っていた頃、前職の同僚と共済の特典ではしごしていたスポーツジム&スパ体験。その中の1つに、私がかなり気に入っていたジムがあり、ちょうど会社と家の間にありました。


入会キャンペーンをやっていたので、デブの体をさらす恥を忍んで、入会してきました。しかも、一番高い、いつでも通える会員料金。というのも、アパートがユニットバスで、風呂好きの私としては、結構広くて豪勢でサウナ付きの浴場があるこのスポーツジムには、風呂だけ入りに来ても元取れるわ、と考えたのでした。しかも、会費の中には、バスタオル・フェイスタオルレンタルも含まれてるし、シャンプー・リンス・化粧水なんかも、こみこみ。ひゃっほい!

で、むくみまくりのふくらはぎをもまれたりしながらも、インストラクターのお姉さんに、ダイエットプログラムを組んでもらい、週3回通って、マシンを使っての筋トレや、エアロビクス、スイミングなどに励むことになったのでした。

通うのはめんどくさかったのですが、一度ウェアに着替えて、ストレッチの後に筋トレのプログラムを黙々とこなし、体重をチェックすると、わずかながら着実に体重が減っているんですね!

さらに、エアロビで体を動かすことにはまってしまい、お気に入りの先生(女性の方です)のプログラムはほぼ全参加。水中で黙々とウォーキングをしていると、仕事のもやもやなどがどこかへ飛んでいってしまうらしく、頭の中がすっきりしてくる。しかも、すごく立派なジャグジーがあるので、その中で、黙々ともまれながら歩く私。

フットマッサージも気持ちいいし、汗をかいた後の入浴・サウナがかなり爽快!サウナルームにはテレビが備え付けられていて、飽きないし、家にこもっているより、健康的じゃん!

そんなわけで、退社後はもちろん、週末の休みも、暇があればスポーツクラブに通っていました。最終的に週4回は通っていたでしょうか。食事制限はしませんでした。なので、ジム帰りに、歌舞伎町のラーメン屋(家と逆方向やん!)にUターンして、こってりラーメン食べたり、ビール飲んだり、体に悪そうなことも…

しかし、会社の同僚からも「二の腕が筋肉質ぅ〜」と、ぐにぐにされるくらい、引き締まってきたのでした。

よく言われたのが、「マドンナ(歌手の)の体型みたい」。
これは、ほめ言葉と言っておこう…ジムに通い始めてから、4〜5ヵ月といったところか。

そんな体型になった後、夫さんと結婚して引越しして、泣く泣くジムを止めてしまって今日に至ります。

余談ですが、結婚にまでいたったのは、私のボディのせいもあると思ったりなんかしてます、今は(爆)


余談ですが、結婚にまでいたったのは、私のボディのせいもあると思ったりなんかしてます、今は(爆)


で、近所のコナミスポーツに通うことにした


夫の扶養家族になっていて共済のサービスで、コナミスポーツの法人会員になれるらしい。以前から気になっていましたが、「お金かかるし、めんどくさ〜」とほったらかしにしていました。

ジョギングを始める!とウェアを購入しても、なかなか出かけられず、お腹はぷよぷよになるばかり…やばい!

で、たまたまネットサーフィンしていたところ、今月まで、コナミスポーツクラブ『スタートダッシュ』キャンペーン!をやっていて、登録料が無料になったり、色々お得らしい。

さらに、法人会員限定で、法人都度利用が1回分無料になる!って効いて、電話で問い合わせてみて、早速予約申し込みをしてみました。

2回目以降は、1150円/回なのですが、「利用回数が多いな〜」って感じたら、翌月は月会員にできるみたい。その料金は、6930円なり。安いわ〜

なので、まずは明日がんばってみる。


コナミスポーツクラブ

スポンサー

ゆきるん

ダラ奥

3児の母、およびダラ奥です。
Web制作やPC講師もやっております。
基本、めんどくさがり屋なので、手抜き&効率化&ライフハックが好き。
そろそろ、アンチエイジングが気になるお年頃。

コンテンツに戻る