本と映画


仕事はもちろん、PTA役員やママ友飲み会?など、その他細々などでもメールを書かない機会はないっていいほどほぼ毎日書いています。

でも、私書くのが遅いんです…できる人ほどメールの返信が早いのですが、どう書いていいか悩んでいるうちに時間が過ぎるという悪循環。

メールを書いても反応がないのはつらいですね。

そんな私に、メンタリストDaiGoさん著の「人を操る禁断の文章術」は、悩まずにさっさと相手を動かすメールの書き方を伝授してくれています。

このフォーマットに従えば、あまり悩まずにメールを書くことができます。

 

まず下から書く(追伸)

相手に動いてもらいたい欲望を、まず追伸(P.S.)に、盛り込みます。なんで?それは、「ツァイガルニク効果」という、「人間は、達成した課題よりも、達成されなかったことや中断されていることをよく覚えている」という記憶の仕組みを利用するのです。「まだ続きがある」ほうが記憶に残ります。

区切りのついていなもの、終わっていない話は、必ず脳のどこかで考えられ続けています。 (P.208)

まず追伸に、伝えたい「願望」や「相手に行動させたいこと」を盛りこみます。効果的な追伸の書き方は、クライマックスを作る…つまり「上げて、下げて、また上げる」を心がけるとより効果的になります。

次に本文を3行で

その次に、本文を書いていきます。ここでポイントは3行にまとめること。だって、長い文章は、特にメールだと読む気が失せますものね。

では、何を書くか?以下の2つです。

  1. 「書き出し、ポジティブ」な挨拶
  2. 具体的な「用件」

まず名乗り、ポジティブな挨拶を返します。

「おはようござます」といった感じの物です。

ここでよく使われる、「お疲れ様です」は、「お疲れ」というネガチブな言葉が含まれているので、あまり望ましくないそうです。ドキッ!

元気さが伝わる言葉に置き換えるのがいいかと…書いている本人もポジティブになれますしね!

そして、本件であるところの「用件」を書きます。

ここでポイントなのは、用件の内容は完結させることです。追伸で読ませるクライマックスにつなげるためです。ここで一息つかせることで、最初に書いた「追伸」が、相手の心に響いてくるのです。

最後に、開きたくなる件名(タイトル)をつける

上記の内容をふまえて、メールのタイトルをつけていきます。

書くべきは、「できるだけ発信者(メールの書き手)、開きたくなる心を動かすタイトル」。

要は、「開きたくなるメールのタイトル」にすること。面倒であれば、最低でも、自分の名前を記載すべきでしょう。そして、本文の内容が簡潔に分かるように書いて、読んでもらえればしめたものです。

上記の手順とルールを守りさえすれば、後は内容を盛り込むだけでメールを仕上げることができます。

今回は、メールの書き方に特化してまとめてみましたが、メールだけでなく、キャッチコピーや人に何か伝える文章を書く場合のテクニックがてんこ盛りです。「上げて、下げて、また上げる」テクニックは、かなり使えそうですよ。詳細は、本を手に取ってみてくださいね。Amazonの「論文作法・文章技術」部門で売り上げトップだそうです。(2015年3月11日現在)

ブログなども書くのに時間がかかってしまうのですが、読書が苦手な方もすらすら読みやすいのに内容は濃く、文章を書いていて迷ったときに参考になりそうです。

それにしても、メンタリストのDaiGoさん、しょうゆ顔の(古い!)イケメンですねぇ。すごいな。

最後に、<a href="http://reviewplus.jp/aff544" target="_blank">レビュープラス</a>さまより献本いただきました。ありがとうございました!

<div class="booklink-box" style="text-align:left;padding-bottom:20px;font-size:small;/zoom: 1;overflow: hidden;"><div class="booklink-image" style="float:left;margin:0 15px 10px 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/476127056X/tabiclub-22/" name="booklink" rel="nofollow" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51tucnuHw2L._SL320_.jpg" style="border: none;" /></a></div><div class="booklink-info" style="line-height:120%;/zoom: 1;overflow: hidden;"><div class="booklink-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/476127056X/tabiclub-22/" rel="nofollow" name="booklink" target="_blank">人を操る禁断の文章術</a><div class="booklink-powered-date" style="font-size:8pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%">posted with <a href="http://yomereba.com" rel="nofollow" target="_blank">ヨメレバ</a></div></div><div class="booklink-detail" style="margin-bottom:5px;">メンタリストDaiGo かんき出版 2015-01-21 </div><div class="booklink-link2" style="margin-top:10px;"><div class="shoplinkamazon" style="display:inline;margin-right:5px;background: url('http://img.yomereba.com/yl.gif') 0 0 no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/476127056X/tabiclub-22/" rel="nofollow" target="_blank">Amazon</a></div><div class="shoplinkkindle" style="display:inline;margin-right:5px;background: url('http://img.yomereba.com/yl.gif') 0 0 no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00T2KVX2I/tabiclub-22/" rel="nofollow" target="_blank">Kindle</a></div><div class="shoplinkrakuten" style="display:inline;margin-right:5px;background: url('http://img.yomereba.com/yl.gif') 0 -50px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;"><a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/000a4303.c69c8b2a/?url=http%3A%2F%2Fbooks.rakuten.co.jp%2Frb%2F13094668%2F" rel="nofollow" target="_blank">楽天ブックス</a></div><div class="shoplinkbk1" style="display:inline;margin-right:5px;background: url('http://img.yomereba.com/yl.gif') 0 -150px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;"><a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2581958&pid=879834199&vc_url=http%3A%2F%2Fhonto.jp%2Fnetstore%2Fsearch_021_10476127056X.html%3Fsrchf%3D1%26srchGnrNm%3D1" target="_blank">honto<img src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2581958&pid=879834199" height="1" width="1" border="0"></a></div> </div></div><div class="booklink-footer" style="clear: left"></div></div>

目次
まえがき
第1章 文章が持つ力は∞(無限大)
第2章 「書かない」3原則で人を操る
第3章 人を動かす7つのトリガーで、何を書けばいいかもう悩まない
第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけ

関連記事

手にした人だけが次の時代に行ける黄金のボタン

「手にした人だけが次の時代に行ける黄金のボタン」を手に入れるには

格闘家あがりの接骨院オーナーが、1年間で全国に100店舗を作ることができたのはなぜか? 格闘とは全く縁のない私ですが、ついあっという間に読んでし…

詳細をみる

末っ子が感動して描いた新幹線

【書評】鉄ちゃんにはたまらない!スピード感のある絵本

こんにちは、3人子持ちのゆきるんです。 すでに上の子は中学生ですが、末っ子がやっと小学生になったばかり。 「この絵本、かっこいい!」と読み出し…

詳細をみる

【書評】発信力を付ける人に?!『もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?Vol.1』

【書評】発信力を付ける人に?!『もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?Vol.1』

手にとってみました ケースはすべて「あなたが●●の責任者ならばどうするか?」という質問形式。 まさに今、問題に直面している企業/政府責任者の立…

詳細をみる

ゆきるん

京都のどこかダラ奥

3人子持ちのアラフィフなダラ奥です。
Web制作とかDTP、パソコンとか教えています。映画鑑賞と旅行と温泉が大好き。華麗なる加齢を模索中。癒やされたい今日この頃。

本と映画

Pickups!

人気のエントリー

  1. 子ども達の身長が急に伸びだしたのは、これのおかげかな?!
  2. 敏感肌の私が、湯で落ちる!2大敏感肌向け日焼け止めを比べてみた
  3. 「放課後まなび教室」ってどうよ?わが子の場合
  4. 社交的で物怖じしない子どもに育てるには
  5. ブラが嫌いな中学生女子も満足!なジュニアタンクトップ ブライン

関連サイト