本と映画

着物にまつわる知識をテストして「着物通」のお墨付きを与える「きもの文化検定」を、全日本きもの振興会(京都市下京区、房本清次会長)が創設し、11月に入門編の4、5級試験を初めて実施するんだって。(あ〜、なが!)


検定は年1回で、基礎知識を問う五級から達人クラスの1級まで5段階だそうな。


初回の4、5級は択一方式の約100問で、「帯締めの使い方」「白生地の産地」といった着物の種類や産地、着用法など基礎知識を問う。

検定審議会委員千玄室・茶道裏千家前家元、池坊由紀・池坊次期家元、デザイナーのコシノジュンコさん、稲盛和夫京セラ名誉会長ら
試験運営の検定委員会副委員長、服飾研究家市田ひろみさん。

試験は11月19日に京都と東京の二会場で実施。
検定料は3780円で、8月20日から申し込みを受け付ける。

京都新聞から拾ってみました。京都に住むなら京都新聞必須ですね。

で、公式テキストがこれ、「きものの基本」だそうで、検定を受けない人でも読み物として面白いです。

10月に受験希望者向けセミナーもあるとかで、興味津々です。受けてみようかな?


スポンサー

ゆきるん

ダラ奥

3児の母、およびダラ奥です。
Web制作やPC講師もやっております。
基本、めんどくさがり屋なので、手抜き&効率化&ライフハックが好き。
そろそろ、アンチエイジングが気になるお年頃。

コンテンツに戻る