本と映画





MacPeople (マックピープル)2月号に引き続き、レビュープラスさまから、2冊目の雑誌をいただきました!

今回は、歴史魂 2011年 04月号 [雑誌]という、歴女大喜びの日本歴史本。または、ゲームで「戦国無双」などの歴史モノが好きな人にはたまらない!

しかも、巻頭特集は「真田幸村と四人の勇者」。いい感じです。


、、、なんて、私、歴女どころか、歴史は洗濯しなかった理系な学生でした(これは後悔)。しかも、ゲームもしたことない、、、(おいおい)

真田幸村は名前だけは知っていますが、あまり知識はありません。そんな歴史オンチでも楽しめるかどうか、そんな観点で、読んでみました。

まずは、マンガ大好きなので、別冊 REKIDAMAコミック劇場から、手にとって見ました、、、というか、先に夫に取られた(泣)。

「内容がマニアックすぎて、予備知識がないとついていけない」と、20分で返された(おいおい)。

で、こわごわ読んでみたのですが、知識がなくても、意外に楽しめる。歴史をパロディ化していて、特に萌え系やBL好きには、たまらんだろう世界かも(あまり知らない世界なので、想像ですが)。

国を擬人化している人気漫画「ヘタリア」に感覚的に近いものを感じました、、、(ちなみに、わが子はヘタリア好きです)。ちょっと、親的には子どもに見せたくない表現もありますが、プチエロ。やはり、刀はアレ、、、なのか?!

で、本誌。

内容が深すぎて、ところどころ目が滑りますが、日本史を勉強している学生さんなら、面白く読めて、勉強もはかどるかも?!

何気にビジネス誌が好きな私には、

「ビジネスパーソンの「その時」に備える!
・もしも戦国時代にタイムスリップしてしまったら

が、つぼにはまりました。
現代と戦国時代のギャップが、面白かったです。
色々と、現代社会に取り入れられることが多いかも?!(ホントかっ!!)

あと、
電撃文庫イラストギャラリーの「戦国姫」のイラスト集が、きれいでかわいくて色っぽくて、萌えました(#^^#ゞ

「新撰組十番隊組長始末記」と銘打った、新選組の特集記事もあり、この雑誌を片手に、京都で新選組ゆかりの地をめぐりたくなりました。

とはいえ、知識がない者には、スルメを味わうがごとく、じわじわと読み返す必要がありそうです。3ヶ月に1回の発行だそうですが、飽きずに新刊がでるまで楽しめる感じです。

歴史魂公式サイトでは、付録CDの歴史NEO講談:土方歳三 最期の戦い「講談ダイジェスト版」が公開中です。興味のある方は、ぜひアクセスしてみてください。


そして、「献本、いいなぁ〜」なブログやっているあなた、レビュープラスから、参加できますよ。ぜひ、どうぞ。


スポンサー

ゆきるん

ダラ奥

3児の母、およびダラ奥です。
Web制作やPC講師もやっております。
基本、めんどくさがり屋なので、手抜き&効率化&ライフハックが好き。
そろそろ、アンチエイジングが気になるお年頃。

コンテンツに戻る