本と映画

1Q84』が驚異的なベストセラーになっている村上春樹ですが、今さらながら『海辺のカフカ』にはまってしまいました。

本当は、『1Q84』を購入しようと思ったのですが、上下あわせると結構な値段だし、予約待ちしなければいけないし、そこまでして慌てて読む価値があるのかな、、、、とか思って、ネットで書評をながめていたのですが、、、


1Q84』をやめて、なぜか『海辺のカフカ』をポチってしまいました。

海外でも評価の高いこの作品、どのあたりが外国人受けしたのか、興味があったからです。


上巻を旅先(といっても近所のホテル)に持参して、授乳しながら一気読み。

続きを知りたくて悶絶しながら帰途につくまで上巻を(これも授乳をしながらも)読み返し、自宅で(一気とはいかず)家事をしながらも下巻まで完読。

で、感想は、


もっと早く読んでおけばよかった!!!


これまで村上春樹の小説といえば、『ノルウェーの森』を文庫本で読み、通学途中の阪急電車特急の中で涙を流しながら読んだことしかなく、村上春樹の小説といえば『ノルウェーの森』節なものばかりだと思っていたので、意外な驚きでした。


何が驚きかというと、摩訶不思議な謎の世界が、当たり前のように違和感なく(我々が当たり前として暮らしている)ごくありふれた?世界に沿って語られているところ。
 
物語の中に、有無を言わさず哲学的考察をさせられる含蓄が、押し付けがましくなく盛り込まれているところ。

作品を読みながら、

『ここの部分は、自分のことに当てはめてみると、どういう意味があるんだろう』と、

考えさせれました。


15歳の家出少年カフカ君と、猫とお話できる老人ナカタさんの、2人の話が交代交代で進んでいくのですが、このナカタさんのキャラが気に入って、2度目はナカタさんのパートだけ読んでしまいました。

個人的にお気に入りのところは、星野青年がナカタさんに曲がった背骨を直してもらうところ。ぜひ、私のも直していただきたい!!ついでに、広がりすぎた骨盤も、、、


いろいろな古典からの引用がでてきて、出典先を片っ端から当たってみたくなってしまいました。


関連記事

昔の人は偉かった!『「江戸の子育て」読本』

平和な時代ほど、子育てに熱心になる?! 昔生活にノスタルジーを感じてしまう私、同じくこどもみらい館で借りてきた、『「江戸の子育て」読本―世界…

詳細をみる

和心な住所印

できるだけ長く住みたいところに引越ししたし、 「住所印、作らないと、、、」 と思っていましたが、行動を起こしていなかった私。 偶然、しぶい住所…

詳細をみる

京町屋 ガラスキャビネット

京の町家にふさわしい食器棚

家族元気なら、本当は今日、食器棚用にアンティークの家具を買いに、ブルーパロットへ行く予定だったのに、、、、。 娘の風邪が悪化して、喉頭炎から…

詳細をみる

ゆきるん

京都のどこかダラ奥

3人子持ちのアラフィフなダラ奥です。
Web制作とかDTP、パソコンとか教えています。映画鑑賞と旅行と温泉が大好き。華麗なる加齢を模索中。癒やされたい今日この頃。

本と映画

Pickups!

人気のエントリー

  1. ブラが嫌いな中学生女子も満足!なジュニアタンクトップ ブライン
  2. 社交的で物怖じしない子どもに育てるには
  3. 【ホットヨガ・持ち物】水は必須!持ち運び便利な折りたたみ水筒
  4. Google先生から20%オフのクーポンを貰ったのでPixel3ポチった
  5. 京都のアナスタシアに予約を入れてみる

関連サイト