本と映画

【書評】0.1秒っで難題を解決するだと?!「インクルージョン思考」

こんにちは、11月も半ばになって、寒くなりましたね~。手が凍えてしまいます。

で、煩悩が多くて悩みも多くて、そしてなかなか前に進まない…

そんな私が手にしたのは、『』あらゆる難問を0.1秒で片付ける』と帯で挑発してくる本「インクルージョン思考」。

前回も紹介した、石田 章洋さんの著書です。えらく飛ばしてきます。

でもさ~「インクルージョン思考」って何よ?

インクルージョン思考とは――
複数の問題を一気に解決する、インクルーシブな(包括的な)アイデアを生むための思考法である。

だそうです。じゃあ、今晩のおかずも、次のPTA役員ぎめの根回しも、どん底の子供の成績も問題も、全て解決できるいいアイディアが浮かぶのでしょうか…それも、0.1秒で。 

インクルーシブなアイデアを生む4つのステップ

インクルーシブとは、『包括的な』という意味で、複数の問題を一挙に解決できるアイディアを生み出すことで、一挙に難問を解決しようという手法。それは、以下の4つのステップを踏んでいきます。

  1. 高次な目的を決めて旅立つ
  2. 目的に従って材料を集める
  3. 異なる分野の材料をつなげる
  4. 手放して「ひらめき」とともに帰ってくる

(P.74-75)

なんだか、抽象的でわからない…。ですが、本書では具体的に説明されています。

高次な目的を決めて旅立つ

目的を決める前に、まず「節制」条件…つまり「できないこと」を洗い出しておきます。そして、叶えたい状態…目的を決めるわけですが、

利他的でポジティブな目的を、できるだけ具体的に設定する (P.82)

のだそうです。で、目的はできるだけ高次…つまり「イケてるぜ!」的(私解釈)なものにしておく。節制と目的のギャップがあればあるほど、よりよいアイディアが浮かびそうです。

そして、それを解決する「期限」、つまり締め切りを決めておくことで、アイディアが降りてくるのだとか。何をするにしても、締切は大事ですね!

目的に従って材料を集める

材料集めですが、「インターネットを活用せよ!」ですね。

そして、仕分けしようとしない。自分の経験や直感も大切にしながら、そして「目的」を叶えたことで喜ぶ相手を思い浮かべながら、ネタ探しをしていきます。

異なる分野の材料をつなげる

じゃあ材料をどうつなげるか、ですが。

「具体例」→「ざっくり一般例」→「具体化」という順番に、異なるジャンルのネタをつなげていきます。

例えば、

具体例(英会話) → ざっくり一般化(やりたいけれどつつけられそうにないもの) → 具体化(ダイエット)

といった感じ。面白いなぁ~

手放して「ひらめき」とともに帰ってくる

じゃあ、4段階目はなによ、と言うと、3段階目で出てきたアイディアを一旦手放します。具体的には、一旦横においておいて、関係ないことをすると言った感じ。

すると、無意識のなかから、突然アイディアがひらめくとか。

具体的には本書を読んでいただくとして、闇雲に悩むのではなく手順を踏んで、解決していくアイディアが面白いです。アイディアが出れば、あとは実効あるのみですね。

実は気に入ったのは、インクルージョン思考を磨く7つの習慣。

以下紹介すると…

  1. 好奇心を持ち続けてストックを増やす
  2. 必ず「日付の入った」メモを取ろう
  3. インプットは雑食系を心がける
  4. デスク周りは「綺麗に」散らかそう
  5. ぼーっとする時間を「意識的に」つくる
  6. 毎日、誰かを笑顔にしよう!
  7. 自らを世界の一部だと考える

マメにメモを取れるように、ノートは持っていますがあまり記入できているかどうか…。

ボーっとする時間は、瞑想している時間も入るのかな~とか思いつつ、どれかでも毎日取り入れることができたらいいな、と思います。

サクッと読めて、具体例があってわかりやすいです。そして、気付きが色々出てきました。
ここではあまり紹介できていないのですが、本書を手にとっていただくほうが実感できるはずです。

いろいろに詰まっている方におすすめです!

目次
1 アイデアとは、複数の問題を解決するもの
2 インクルージョン思考への障害
3 ひらめきを生み出す準備と4つの段階
4 第1段階 高次の目的を決めて旅立つ
5 第2段階 目的に従って材料を集める
6 第3段階 異なる分野の材料をつなげる
7 第4段階 手放して「ひらめき」とともに帰ってくる
8 インクルージョン思考を磨く7つの習慣

最後に、レビュープラスさまより献本いただきました。ありがとうございました!


ゆきるん

ダラ奥です

カテゴリーリスト

コンテンツに戻る