映画鑑賞&感想

京都シネマ「ボブという名の猫」ポスター

こんにちは、ゆきるんです。
今日もクソ死にそうなほど寒いですが、皆さんお元気でしょうか?
あまりに寒すぎて、私の大事な水泡眼ちゃんが、いつもは沈んでいるのにふらふらと浮かんでいました。弱っている前兆なので、大慌てで水槽を用意して縁側に避難させました。
屋外の水槽で飼ってるのがいけないんですが…。

そんなわけで、2月2日が最終日の「ボブという名の猫」の映画に行ってきたのですが、出遅れてしまってすでに長蛇の列。
ギリギリで、立ち見席に滑り込みました。と言うか、 床の上にあぐらかいて鑑賞。すごく居心地良かったです。

そんなわけで、肝心の映画ですが…。薬物中毒のホームレスの青年が、助けたネコに助けられ…という、ハートフルで猫好きにはたまらない映画でした。

ストリート・ミュージシャンとして生計を立てていた、ホームレスのジェームズ。薬物依存で親にも見放され、生きる希望も持てずにいた彼の前に現れたのが一匹の茶トラの猫、ボブだった。出会った瞬間から不思議とジェームズに懐いたボブは、ジェームズに生きる希望とチャンスをもたらす。

という、あるあるなお話は、実話なんだとか。実話だったら切ない、ホームレスの生活状況。そんな中で、ネコのボブがでてきてから、ハッピーカラーに包まれた、涙と笑いのお話に。

家がない生活がどれだけ辛いか、食べることに困る状況がどんなに辛いか、そして、支えてくれる人(やネコ)がいることが、どんなに幸せなことか…。

特に、10代の子どもたちに見てもらいたい、ほっこりするお話でした。いろいろヒドイ人もでてきますが、人生捨てたももじゃないな、という感じ。

主人公のジェームズはイケメン俳優さんですが、にゃんこのボブは、実物のボブ!すごい演技派なにゃんこでした。
あんなにゃんこ、お家に迎えたい!

とは言え、我が家のペットは、セキセイインコに金魚に…ネコの大好物ばかりですwwww
ちょっと怖いことになりそう。

英語も聞き取りやすくて、ヒアリングの勉強になりました。原作を原書で読んでみたいですね~



DVDも、2月22日(ニャンニャンニャン!)に発売されるそうです。欲しい!