日々我想

画像:左:2014年度のジブン手帳(A5) 右:2015年度のジブン手帳 mini

左:2014年度のジブン手帳(A5) 右:2015年度のジブン手帳 mini

そろそろ、来年度(2016年度)の手帳を考える時期がやってきました。

で、一昨年(2014年)と今年(2015年)は、ジブン手帳で過ごしていたのですが、今年になって4月より浮気してしまいましたがやっぱり元に戻ってしまった私。

試行錯誤して、来年度の手帳の使い方が定まってきたので、決意も込めて手帳の振り返り。

  • ジブン手帳の気に入ったところ、それは
  • 時間の枠が24時間!(これは必須)
  • 日の出・日の入りが視覚的に分かる!
  • To-doの欄や簡単な日記が書ける欄がある
  • マンスリーカレンダーもついてくる

バーチカルがお勧めなところや、手帳をいかに使い込むかは、『時間を活かして夢をかなえる タイマネ』という本がかなり参考になります。(ちなみに私は、auのブックパスの会員になって読み放題本として読みました!)

ところが、いろいろと不満がでてきました。

バーチカルだと、その日の出来事を書いたり刷る欄が小さいんだよ!!

  • Todo欄には付せんで記入して、いつやるか決まったらバーチカルへ移動
  • 下の欄には、日記や食べたものなど記録
  • 睡眠時間には、見た夢を記録(覚えていたら)

という感じで、写真のように使っていたのですが、几帳面じゃないので、そして飽きっぽいのでだんだん薄くなっていく…。

だくさん書きたい日もあるのに、あまり書けない。


画像:ジブン手帳の私の使い方

ジブン手帳の私の使い方

今年になってから、映画を観に行くことが増えて、観たい映画のパンフ切り抜きとかチケットとか、記念や防備録として貼り付けたいのですが、場所的に厳しくて…。

デイリーにしたいなぁ~と思っていました。


画像:だんだんすかすかになってくるジブン手帳

だんだんすかすかになってくるジブン手帳

で、東急ハンズでいいのを見つけ、衝動買い!マークス デイリー・プランナーB6リフィルの4月始まりです。シンプルで余計なところがないのがよい!

しかも、24時間メモリがあるよ。私の嫌いな罫線じゃなくてマス目だよ!
紙の質がよくて、あまり裏移りしないよ!

なので、思い切りチケットの半券を貼り付けたり、絵を描いたり…。思いっきり感想とか日記とか書けちゃいますえー


画像:私のマークス デイリー・プランナーB6リフィル

マンガミュージアム、ウクライナのエロい映画と、立て続けに出かけた日々の記録

しかしながら、全体というか週間のスケジュール管理が見えにくくなって…でも日記も書きたいなーーー

ということで、スケジュール管理は コクヨ ジブン手帳 mini 2016年で、日記をマークス 2016手帳・【B6変型・EDiT1日1ページ】にすることにしました。


画像:左は私、右は末っ子の落書き

左は私、右は末っ子の落書き

なので、今はマークス ・EDiTは、すっかり日記しています。

 

しかも、空いている日があると、娘たちに落書き代わりに埋められてされるよーーー

 

まあ、それもよい思い出だーーーー。

 

ジブン手帳は、miniは書く欄が若干小さいけど、持ち運びに手頃でちょうどいいので、来年度もこちらです。

レギュラーサイズは、職場の人から「デカっ!」と叫ばれたので、多分選ばないと思います。

値段はそのままで、Amazon限定版のカバーがおまけについている方を購入予定です。

どきどきするなぁ~