日々我想

実は今日、すっごくびじぃな日。

朝は歯科医(今日は、親切丁寧でイケメンの歯科技工士さん!にかぶせ物をいれてもらった)に行き、午後はおぞよの会。その間に、いきなりネットで知り合った、というか、京都在住の私にいきなり「日本に旅行するから会おう!」と押しかけペンパルしてきたスペイン人女性の電話で、英語であたふたしたり、、、。うん、スペイン語の親戚のイタリア語、頑張ってマスターしようと決心した日でもありました。

で、9月は仕事でいけなかったので、本当に久しぶり。出産後初めて。小ボンさんを連れて行きました。

水無月のおぞよ、今日のメニューは「飛龍頭」「サツマイモのたいたん」「菜っ葉のたいたん(?)」。

「飛龍頭」ってなんじゃらほい?と思っていたら、


がんもどきのことでした。

飛龍頭」の材料は、混ぜる順(おおざっぱ)に、かなりよく水切りした木綿豆腐、おろした山芋、にんじんときくらげを薄味でたいたん、溶き卵、枝豆、、、、これらをよく混ぜます。豆腐はもちろんつぶしますが、きれいに作りたければ裏ごしするのがよいとか。最後に、片栗粉を入れて混ぜます。形成をキレイにしたければ、多めに入れること。これらを、低温の油でゆっくり揚げます。


サツマイモのたいたん」は、サツマイモを梅シロップと国産輪切りレモンと砂糖でゆでたもの。酸味と最高です。

菜っ葉のたいたん」は、じゃこに、細かく刻んだ小松菜とにんじん菜を煮炒めしたもの。我が家では、大根の葉で作ることが多いです。じゃこは少なめにして最初に油でいためるなぁ〜ウチでは。


夕食に出したら、相方と長子に殆ど食べられてしまって、私の口にはあまり入りませんでした、、、(;_;)

特に「飛龍頭」はおかわりをねだられたよ。「サツマイモのたいたん」も、すっぱいもの好きな娘には好評でした。勝手にタッパを開けて食べてるんだもん。

次回は11月、、、行けるかな?